野村先生の最終講義(3月30日・合同ゼミにて)

今年度末で任期が終了となる野村先生の最終講義を、合同ゼミの後、していただきました。

野村先生の得意なパフォーマンスをまじえながら、とにかく子どもが学校に来ること、授業を受けることを楽しみになるようにしたいという強い思いをもって、教師生活を送ってきたというお話をされました。

最終講義ということで、しんみりした気分にもなるかなと思っていましたが、野村先生のいつもの興味深い内容と、飽きさせない引き込まれるような語り口で、楽しく、野村先生の教職にかける熱い思いを聞かせていただきました。

院生さんの感想をいくつか紹介します。

************************************************************************************************

野村先生がいつも燃えるような想いで子供と向き合っていることが、15分足らずで伝わり、みんなも燃えているように感じた。教師の心が燃えていると子供の心に燃え移る。私も、学部時代に「子供の心に火をつける」が理想の教師像だった。教師像にもかかわらず、私の頭の中では具体化されていなかったので、私も野村先生のように偉大な教師になりたいと自分自身の心に火がついた。(M.Tさん)

***********************************************************************************************

子どもに面白いと思ってもらえる授業をつくるためにどうしてきたか、なぜそのように考えたのかなど、野村先生のルーツを知ることができてよかった。マグマのような思いがあるから教師になることができるのだと感じた。(K.Tさん)

***********************************************************************************************

「マグマのような熱い思いがあるか?」という質問に対して自分の中に明確な答えがないことに気づいた。以前ある先生に「自信はなくとも、信念は持て」という言葉をいただいた経験があるが、自分がどんな教員になりたいのか、この院生生活の中でしっかり見つめて考えていきたい。(K.Yさん)

***********************************************************************************************

野村先生の話を聞いて、僕のなりたい先生像を改めて再認識しました。

授業のテクニックや理論を押さえつつも、自分のしたいように授業をしようと思いました。(T.Tさん)

***********************************************************************************************

コメントを残す