授業がスタート 「教科等指導の事例研究」の授業

月曜日の1時間目、教員養成特別コースの院生(P1,PL2)にとっては今年度の最初の授業です。

PL2生は、昨年度学部の授業がほとんどでした。今年から本格的に、大学院の学びをすることになります。授業に参加する院生の顔にもやる気がみなぎっているように感じました。

この授業についてシラバスには次のように紹介されています。

「主として『学習指導要領と教育課程』『授業実践研究』と連携して行う。教科領域の内容及び教科実践における教師の資質や能力について,附属学校の教育現場を訪問し,授業観察と授業検討を通して実践的な理解を深める。」

具体的な授業観察を通して、実践力を身につけてほしいと思います。

授業では,1.授業とは?,2.学ぶとは?、3.教えるとは?、4.理想とする授業イメージ の4点について考えを書き,意見を交わしました。

授業観察等を経た後、これらについての考えがどう変わるのが楽しみです。

1.授業とは?についての考えをいくつか紹介します。****************************************************

・教え合い、学び合い。教師と児童生徒の関わり(人間関係)の基盤となるもの。(O)

・子どもと教師、教師と保護者をつないでくれるパイプ。(T)

・子ども達と一緒に学ぶ場。(T)

・教師が子ども達に教科の内容を教えること.また、子ども達が学ぶ機会となるもの。(H)

・子どもの知識や興味を満たせるように、教師が取り組むべきもの。(T)

・教科書と子どもとのパイプ、そして、子ども達と学んでいくこと。(S)

・児童生徒は学ぶ時間であり、教師は学ばせる時間である。(T)

・学力を身につける場のこと.子どもが育つ場。考える力をつける場所。(K)

・45分~50分の大人と子どもの交流の場。(I)

・子ども達に勉強を教えるための教師の勝負の時間。(I)

・その教科について学ぶ場。(T)

・児童生徒に学力をつけさせるもの。(M)

・知らないことについて考えたり話し合ったりすること。学ぶこと。(Y)

・知識、技能、学び方の伝達プロセスのことである。(N)

・子ども達が学びへの興味や関心を持つように知識や技術の基本や面白さを感じたりする場。(T)

・子ども達に学びを授けること.成長するための支えを行う。(T)

********************************************************************************

さあ、これらの考えがどのように変容していくのでしょう。楽しみです。

 

 

コメントを残す