成長を感じる総合インターンシップでの授業実践

PL3生(小学校教員免許取得をめざす3年目院生)とP2生(通常の2年コースの2年目院生)は5月末で一旦総合インターンシップは終了していますが、
授業等の関係でインターンシップを続けていたり、延期して行ったりしている院生もいます。
この間何人かの授業実践が行われました。
これまで、授業や合同ゼミで何回も模擬授業をし、また、インターンシップでも子どもの前に立つ機会を作っていただいたり、子どもとの関係づくりを進めたりしてきました。
その成果があらわれ、落ち着いた態度で、子ども達とのコミュニケーションもうまくとりながら授業を展開していました。
もちろん、課題はたくさんありますが、この2年間の成長を感じる授業でした。

コメントを残す